コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

パーソナルツール

Navigation

現在位置: ホーム / Research

Overview

研究の概要を紹介

われわれの研究グループでは、 広域分散計算技術であるグリッドを主軸とし、科学への応用を視野にいれ、ミドルウェア、可視化、セキュリティといったシステム基盤技術およびそれらの応用に関する研究開発を行っています。また、それらの成果は、毎年11月に米国で開催される国際会議・展示会SCの場に研究展示を行う大阪大学サイバーメディアセンターの研究展示ブースにおいて、デモやポスターならびに広報資料を用いて報告、利用促進しています(詳細)。

最近は、下記の研究開発を行っています。

広域環境上での仮想クラスタ構築技術に関する研究

インターネット上の計算資源を動的に集約して、仮想的なクラスタシステムとして構築するためのシステム基盤技術に関して研究を行っています。

vc
成果物

  • Multi-site virtual cluster controller for Rocks: クラスタ管理ツールRocksで広域分散型仮想クラスタを構築するための拡張コントローラ。

論文

  • 多田大輝, 市川昊平, 伊達進, 阿部洋丈, 下條真司, "オーバレイネットワークを用いたマルチサイト仮想クラスタ構築システム", 情報処理学会論文誌:コンピューティングシステム 第40号.(採録決定)
  • Pongsakorn U-chupala, Kohei Ichikawa, Hirotake Abe, Susumu Date and Shinji Shimojo, “A virtual cluster manager using a hierarchical management model for cloud infrastructure”, The 6th International Conference on Ubiquitous Information Technologies and Applications, pp.223-228, Dec. 2011.

など。

Software Defined Networkの応用研究

ネットワークフローをソフトウェアプログラミング同様に動的に制御できるopenflowなどのSDNを応用する研究を行っています。

 SDNappliEx1

論文

  • Tomoya Furuichi, Susumu Date, Hiroaki Yamanaka, Kohei Ichikawa, Hirotake Abe, Haruo Takemura, and Eiji Kawai, "A prototype of network failure avoidance functionality for SAGE using OpenFlow", Proceedings of 2012 IEEE 36th International Conference on Computer Software and Applications Workshops (The Sixth Middleware Architecture in the Internet (MidArch 2012)), pp.88-93, Jul. 2012.

ポスター

  • Tomoya Furuichi, Susumu Date, Hirotake Abe, Kohei Ichikawa, Hiroaki Yamanaka, Eiji Kawai, and Haruo Takemura, "Architecture of OpenFlow-based failure avoidance for SAGE", PRAGMA 22 Workshop, Melbourne, Australia, Apr. 2012.
  • Taiki Tada, Kohei Ichikawa, Susumu Date, Shinji Shimojo, Yoshio Tanaka, Akihiko Ota, Tomohiro Kudoh, Cindy Zheng, Philip Papadopoulos, "An implementation of OpenFlow based virtual network for virtual clusters on the PRAGMA testbed", PRAGMA22 Workshop, Melbourne, Australia, Apr. 2012. 
口頭発表(デモ)
  • Kohei Ichikawa, Taiki Tada, Susumu Date, Shinji Shimojo, Yoshio Tanaka, Akihiko Ota, Tomohiro Kudoh, Cindy Zheng, Philip Papadopoulos, “An Openflow based virtual network environment for Pragma Cloud virtual clusters”,  PRAGMA22 Workshop, Melbourne, Australia, Apr. 2012.
 

タイルドディスプレイ等の大規模可視化関連の研究

 大規模可視化に関するシステム基盤技術に関する研究開発を行っています。

ChimeraOnTDW

成果物

  • ViewDockTDW: タイルドディスプレイ上でDOCKによるスクリーニング結果を表示するChimera拡張。成果ソフトウェアはこのウェブページからダウンロード利用可能です。フォトギャラリーはこちら
  • SAGE用アプリケーション制御モジュール: SAGEのユーザインタフェースSAGE UI上から、アプリケーションイベントを制御、管理できるよう拡張したSAGE向け組み込みモジュール。
  • i-Visto用非圧縮 HDTV 受信モジュール: NTT i-Vistoより送出される非圧縮HDTVを受信し、SAGEによるタイルドディスプレイに表示するためのモジュール。NTTみらいねっと研究所様との共同研究で開発。

論文

  • Christopher D. Lau, Marshall J. Levesque, Shu Chien, Susumu Date, and Jason H. Haga, "ViewDock TDW: High-throughput Visualization of Virtual Screening Results", Bioinformatics, Vol.26, No. 15, pp. 1915-1917, 2010.
  • 桑原世輝, 市川昊平, 伊達 進, 下條真司, "SAGE用アプリケーションイベント制御モジュール", 日本ソフトウェア科学会, コンピュータソフトウェア, Vol. 27, No. 4, pp. 172-182, Dec. 2010.
  • Yuki Fujiwara, Susumu Date, Kohei Ichikawa, Haruo Takemura, "A Multi-Application Controller for SAGE-enabled Tiled Display Wall on Wide-area Distributed Computing Environment",  Journal of Information Processing Systems, vol. 7, no. 4, pp.581-594, Dec. 2011.  
  • Taiki Tada, Kohei Ichikawa, Susumu Date, Hirotake Abe and Shinji Shimojo, “A visualization adapter for SAGE-enabled tiled display wall”, Proceedings of The 2011 IEEE International Conference on Granular Computing, pp. 613-618, Nov. 2011.

など。

ドキュメントアクション